ライブ配信やった〜

七夕ランチタイムコンサート

 

今朝は配信 &収録の勉強会♫
昨日は私は現場にいなかったのですが、やっと成功と言えるライブ配信ができました嬉しい。
スタッフは美術 &セッティング 智代子さん
カメラマンはチェリストタイガ先生とサックスプレイヤー‍♂️直井先生‍♂️
スイッチャーはフルート奏者 秋元希先生

この企画は昨年12月からスタートし、やっと試行錯誤で始まったのが4月です。静止画になったり(パソコンの容量問題)
マイクやOBS の勉強✏️
山あり谷ありでしたが、昨日の配信を見て全て楽しい思い出になりました。
まだまだ勉強する事は沢山ありますが、仲間がいるから出来る事、理解者がいるから出来る事だなぁ〜と心から思ってます。

生徒さんも含めて音楽家族として集合体でこれからも乗り切って行きます。

人から貰うエネルギーの力大きいです。

昨日のライブ配信はオンデマンドでも公開してます。

これからもチャレンジ続きます
さてさて、次は手品でも配信しよう

#ライブ配信スタジオ東京 #クラシックライブ配信スタジオ #ライブ配信スタジオレンタル東京 #クラシックライブ配信スタジオレンタル #アコースティックライブ配信スタジオ 東京 #グランドピアノライブ配信スタジオ #グランハープライブ配信スタジオレンタル #クラシック収録スタジオレンタル #音楽収録スタジオ 東京

今日は月一回の子ども弦楽アンサンブルの練習でした!(2/21)

パッヘルベルのカノンと、鬼滅の刃より 竈門炭治郎のうた を絶賛練習中力こぶ

私の指揮と遠藤先生のやさしさ溢れる!サポートのもと、4月の本番へ向けての2回目の練習でしたが、みんな前回よりもジワジワっと弾けるようになっていて、前進しました。

みんな個人レッスンで先生たちに見てもらっている成果がジワジワと。

小さな音楽への芽生えが、大人たちの協力により少しずつ育っていく感じを実感します。

思えば、10年近く前に、この子どもアンサンブルで弾いていた子が、その後本格的にオーケストラに目覚めて、有名なジュニアオーケストラの団長にまでなったなぁ、、と思いを馳せて。 今は小さな芽吹きだけど、いつの間にか大きく成長していくのが子どものパワーですね。

彼らの人生に少しでもいい(音楽との)出会いのきっかけを作る事ができれば、というのを、いつも思っています。

さて、コンサートへ向けてもうひと頑張り。コロナに、気持ちだけは負けるわけにはいきませんね!

本番は417日。この↓素晴らしい雰囲気の豊洲シビックセンターにて演奏します!

by 亀井庸州

こども弦楽アンサンブル♬

昨年から定例化した、こども弦楽アンサンブル。

今年も元気に開始しました!
コロナウイルスによる緊急事態宣言下ですが、検温、消毒と、換気や空間に気を配りながら、元気に開始です。
今回から曲も新しくなり、パッヘルベルのカノンと、大人気のあの名曲!
さらに、今回から新メンバーも5人ほど加わり、一気に立派な合奏団になりました。
たくさんの仲間と一緒に演奏ができるのも弦楽器の良さ。
指導も、カノンに在籍するたくさんのヴァイオリン講師に、交代で面倒を見てもらえるので贅沢な時間だと思います。
肝心のこどもたちは、今回は前回よりも雰囲気に慣れてきて、積極的な発言も増えてきました。先生も負けられません。
4月に、とても美しいガラス張りのホール、豊洲文化センターにて、大人たちのアンサンブルの間に混ざって、発表する予定です!

音楽の力

今年は「あけましておめでとう」という言葉もなんとなく言いづらく

「今年もよろしく😊」挨拶してレッスンをスタートしております♫

換気🌱手洗い👋マスク😷ソーシャルディスタンス🌳を

とりながら笑顔で音楽を楽しんでます。

そして4月に行う予定だった「アンサンブル祭り」も

今の感染予防対策に準じた形で催す事にしました。

こんな状況だからこそ♪音楽の力を信じて😊

2020年11月のカノンの秋

コロナ感染がこの秋になり厳しい状況です。

私は11月はベルギーで長年の友人のハーピストとコンサートの予定でしたが延期になりました。

ベルギーはヨーロッパでも感染者が多く、現在学校やレストランなどロックダウンされています。

音楽家の友人たちとも連絡を取り合いながら、お互いの国の状況や生活スタイルなど連絡しあっております。

寒さが厳しくなるとコロナ感染状況も厳しくなると予想されているようですね。

これから冬に向かって、さらに気を抜かずにしっかり対策をとりながら教室全体でレッスンに取り組んでいきます。

11月15日(日曜日)14:00~15;00

ハーモニーサロンで子供弦楽アンサンブル♫

今年は参加者の人数を半分にして行います。

ヴァイオリンの先生方の演奏もお話もある楽しい演奏会です。

2019年子供弦楽アンサンブル

新宿ハイジアでクリスマスコンサート予定は♫

12月4日(金曜日)12:30~弦楽カルテット+パーカッション

12月18日(金曜日)12:30~フルート ソプラノ サックス ピアノによる

クリスマスロマンティックミュージック♫

 

2019年クリスマスコンサート・新宿ハイジア

音楽は心の栄養です。自分のペースで楽しみながらいきましょう(^^♪

奥村多絵子

子供たちの音楽の心が育っています♬

子ども弦楽アンサンブル、本日(9月13日)初練習でした!

参加できない子もいて少数でしたが、精鋭メンバーで充実練習になりました。

なにより、バイオリンは合奏をすると音の厚みが何倍にもなって、聴いても弾いても心地いいものです。1+1が3にも4にも膨らむ、豪華なストリングスサウンドとなりました。

2019年第37回発表会の出演写真♪

これぞ、弦楽器の醍醐味、とも思えてしまいます。

そんな弦のアンサンブルが同じ教室のメンバーで気軽に楽しめる子どもたち、恵まれているなあ…と思ってしまいました。

ますます成長して楽しいアンサンブルグループになると良いなと思っています。

子供弦楽アンサンブル

見学、体験レッスン随時受付中です!

ヴァイオリンブログ Vol.2

こんにちは、ヴァイオリン講師の亀井です。

今日はヴァイオリンを弾く時、練習をするときに役立つちょっとしたモノついて書きたいと思います。

レッスンや練習をしているとこういう壁にぶつかることがあります。

「たくさん練習しているのに、なかなか変化が感じられない」

「先生が言っている事は分かるけれども、どうしたらそれができるのか分からない」

 

もちろん、楽器を新たに習得するのは簡単ではないですし、だからこそ取り組みがいがある事もありますが、とはいえ無駄な苦労はなるべくしたくない物です。

これらの事を解決する手段の一つに、「身体の正しい理解」があります。

正確には、「身体の骨格や、筋肉の使い方」という方が正しいかもしれません。

 

たとえば家を建てるのに、柱や梁のことを知らずに建てることはできませんよね。

同じことが、演奏でも言えるのです。もしもなにも知らずにガンバッた練習ばかり続けていると、

上達を妨げしてまうばかりか、場合によっては腱鞘炎など身体を壊してしまうこともあります。

とはいえ、身体を理解するのに、本を読んだり調べたりする手段が分からない、ということも多いかと思います。

 

私はレッスンの時に身体の構造から弾き方を説明するとために、このiPadのアプリを使っています。

ヒューマン アナトミー アトラス

【オススメの筋肉勉強アプリ】”ヒューマンアナトミーアトラス”さえあれば、他にはもう何もいらない!?

 

このように骨格と筋肉の画像だけでなく、これが実際に画面で動いてくれるので、非常に説明がしやすいのです。

(画像:手首を回すって、実は前腕全部が動いていた!?など)

 

これを見ると、頭の中の身体と、実際の身体の作りが間違っていた、なんてこともあります。この誤りを少しずつ正していくと、時間はかかりますが、徐々にですが確実に良い音が出せる生徒さんが増えていることを、実感しています!

 

追記:身体の説明への熱意が度を過ぎて、15万円もする骨格模型を買いそうになってしまった今日この頃(汗)

ヴァイオリンレッスン♫ 森谷

こんにちは。バイオリンの森谷です。
緊急事態宣言中はオンラインでやっておりましたが、先週からまた教室で対面レッスンを始めました。

分数ヴァイオリン

弦楽器はマスクをしながらレッスン出来ますし、お互いレッスン前レッスン後の手洗いとアルコール消毒を心がけて、やっております。
声楽やフルートはマスクはできませんが、クリアシートを使って譜面台と工作して、レッスンをしているようですね。

私も使わせて頂いております。細心の注意を払い、、、楽しむ!
やはり、コロナ鬱、ストレスは多かれ少なかれ皆さんにあります。音楽もどんな趣味も真っ先に自粛できることですよね。でも、我慢をしてストレスで体調崩すのもだめです。
これからはコロナと共に生活をする『with コロナ』なんですって。ならばこういうクリアシートで、すこーし不便かもしれませんがレッスンをしたり、他にも色々アイディアを出して楽しく健康な生活ができるように考えるのもよいですよね。

 

By  森谷公美子

ヴァイオリンブログ vol.1

こんにちは。突然ですがヴァイオリンブログをスタートしました!

 

今回は、ヴァイオリンを始めるにあたって必要な費用について、ズバリお話してみたいと思います。

 

習い事としてのヴァイオリン… イメージとしては「楽器が高そう…」「お金がかかる」

というイメージをお持ちの方も多いかと思います。

しかし、そのイメージ、半分は誤解、だったりします。

確かにヴァイオリンは、プロ用の楽器ですと、数千万、最高だと20億円!など、

楽器界では最高ランクの高額な世界ではあります。

ただ、それはあくまで「プロ」用の限られた世界での話。

習い事の選択肢が増えた今時ですと、趣味用途のヴァイオリン、それも子ども用ですと、

かなりお安く、しかも十分実用レベルのものも増えてきています。

 

たとえば、ステンター(リンク入れる)ヴァイオリン。

これですと小学校1、2年生ぐらいまでのお子さんが使うサイズでしたら、

1万3千円〜ぐらいで必要最低限のケースや備品も揃えて全て込みなので、すぐに始められます。

しかも、Amazonなどインターネット通販でも販売されていますので、「少し興味がある」というレベルの方でも、

それほど心理的にも負担なく気軽にスタートする事ができると思います。一般的な習い事の、ピアノよりもむしろお安いかもしれません。

 

つづく・・・・

オンラインレッスン中♪ヴァイオリン編

レッスンに通えない生徒さんの為にオンラインレッスンをおこなっております。

本日はヴァイオリンのオンラインレッスンをご紹介(^^♪

★森谷先生のクラスです。

Skypeでやりましたー。

一拍ずれますが、生徒さん側にはほぼちゃんときこえているそうです。

教室への移動、密室も怖い!けど、レッスンもしたい!

と思ってくれている方々にはオンラインで楽しくやってます。

乗りきりましょう!

 

★ヴァイオリンの亀井クラスです。

FaceTimeでビデオ通話レッスン稼働中!
通信環境でたまに見づらい瞬間もありますが、おおむね良好で、特に問題なく進んでます。

むしろ、指の形などをカメラに寄って見せてあげると、
分かりやすい瞬間もあり、対面レッスンより良いところもあります。
そして移動時間の節約にもなる!
適材適所、こういう時でも普通にレッスンは継続できてます😊